子供を作りたくなければコンドームを使用する等の対処する事が必要ですが、複数の異性と性交渉を行った経験がある人、あるいはその様な人と性交渉をした経験がある人の中で、クラミジアを発症するというケースがティーンエイジャーから20代の若者に蔓延しています。
クラミジアは放置しておくと身体に重大な害が発症したり、あるいはエイズ等の病気にもかかりやすくなったり、また子供を作れない状態になる可能性がありますので早急な治療を開始する事が肝要です。
男性であれば病院の泌尿器科へ、女性の場合には婦人科で受けることが出来ます。

しかしどうしても病院に行くのは嫌だとか、何らかの事情で病院に行けない場合には、くすりエクスプレスで販売している、性病が感染しているか否かを確認する為の検査キットを入手して調べて見ましょう。
入手方法はくすりエクスプレスのWEBサイトにアクセスして、ネット通販で色々なものを購入する様な手順で購入可能です。
ネガティブ(陰性)であれば良いでしょうがポジティブ(陽性)であれば治療薬を入手する必要があり、くすりエクスプレスではクラミジア治療の為の抗生物質を販売していますので、1週間から2週間程度継続して服薬する必要があります。
クラミジアの治療薬で日本の厚生労働省からは認可はおりていませんが、インドのムンバイに本社を構える世界的にも著名な企業であり、全国一律・送料無料でジェネリック版250mg100錠入りの正規品が5180円で入手可能です。

その他にも、マイコプラズマやクラミジアなどの細菌を殺菌する薬として、1箱10錠入りで4480円で購入出来る医薬品、あるいは淋病やクラミジアに効果のあるクラビットという薬のジェネリック製品であるクラビットジェネリック500mg・10錠で2980円のもの等が用意されています。
また性交渉において、先に述べた様な性病にかからない様にする為に男性側のエチケットとしてコンドームを用意して使用するのは常識ですが、女性側でも避妊対策を講じる事は必要不必要不可欠です。
なぜなら望まない妊娠をすれば、産まない事を選択するにしても女性側の精神的ダメージは計り知れないからに相違ありません。
本当に子供を作りたいといった時に、子供を作れる様にする為にも、避妊ピルを用意して置くべきではないでしょうか。

また、コンドームをした男性と性交渉をしていたが途中で外れてしまったという場合には、緊急避妊薬という薬も存在します。
たとえば避妊用ピルは、性交渉をした72時間以内に定期的に服薬すれば、高い確率で避妊する事が出来るというものです。
くすりエクスプレスでは、その様な避妊ピルや緊急避妊用ピルも用意しております。

主要クレジットカードであれば使用可能ですし、梱包にも中身をうかがい知ることが出来ない様な配慮がなされていますので、安心して購入し治療、あるいは予防する事が出来ます。
また、希望すれば郵便局留め等の対応をする事が可能です。

kusuriexpress1

Comments are closed.

Post Navigation