一般の薬局で薬を購入したり、病院で処方された薬の代金を支払った場合には、薬の代金に消費税が上乗せされます。
2014年度の4月から消費税が8%に上がったため、薬代だけでも負担を感じる方もいることでしょう。
そこでご提案があります。
くすりエクスプレスを利用して安く薬品を購入されてみてはいかがでしょうか。
自己責任による個人輸入であれば、日本で認可されていない薬品についても処方箋や診断書がなくても、海外から薬を取り寄せることができます。
しかしその場合も自己判断は危険を伴う場合もあるので、やはり、一度きちんと病院での診断を受けられて、どのような薬が処方されるのかをきちんと確認されてから、薬を取り寄せることが一番安全で確実でしょう。
病気を患らっていらっしゃる方にとっては、薬は症状を緩和させたり、治癒させたりするのに欠かせないものです。
薬代が高くて家計を圧迫するのであれば、薬による治療をあきらめざるを得ないという方も中にはでてくるかもしれません。
くすりエクスプレスなら、国内で手に入れると高額な薬も海外からの取り寄せとなるため、安く手に入れることが可能なのです。
またジェネリックという医薬品を利用すれば、さらに安い値段で購入することが可能です。
ジェネリック医薬品とは、ほとんど新薬と同じ成分で製造されているため、薬の効果や安全性も保証されています。
薬事法の基準や規制などの審査に通った薬であるため、安い価格で安心して服用できるという点も利用者にとっては嬉しいことではないでしょうか。
くすりエクスプレスでは、こうしたジェネリック医薬品の取り扱いもあります。
とくに長期間にわたって薬を服用しなければならない方にとっては、薬代だけでもかなり家計を圧迫してしまうこともあるでしょう。
ジェネリック医薬品なら、安く買うことができるため、少しでも家計の負担を減らすことができるので費用を抑えたい方にはおすすめです。
くすりエクスプレスなら、海外で販売されている正規医薬品やジェネリック医薬品を個人輸入として代行してくれるため、インターネットを使える環境であれば、だれでも簡単に利用することができます。
またくすりエクスプレスのメールマガジンに登録をしておくと、薬の割引クーポンやお買い得情報などがメールで届くので、登録をしておくとよいでしょう。
割引クーポンをうまく活用すれば、さらにもっと安く薬を手に入れられるので、少しでも価格を抑えたいという方には賢い購入方法と言えます。
薬を個人輸入をしたいけれど、同居の家族には知られたくはないという方には、おすすめの配達法もあります。
それはサイト上で指示をしておくだけで、配達物を郵便局留めにすることができるのです。
これなら、家族に知られず薬を個人輸入することができるでしょう。
また配達さえた箱には商品名が書かれていないため、万が一箱を家族に見られても安心できるのではないでしょうか。